床下の水漏れ、原因が排水管だった場合

■排水管から水漏れする原因

床下の水漏れは、どこから起こるかによって原因が異なります。排水管の場合は、経年劣化がもっとも大きいと言われていますが、破損や詰まりなども挙げられます。
排水管は、長年使用しているとどんどん劣化していきます。劣化が進むと、接続部分など破損し、水漏れが起こります。破損だけでなく、排水管が腐食しても劣化してしまうので注意しましょう。
破損は、シンクの下にあるパイプに多いと言われています。ヒビが入っていたり、穴が空いているとそこから水が漏れてきます。ひどい場合は床が水浸しになるのですぐに応急処置をすることが状況の悪化を防ぎます。
詰まりは、汚れによるものです。キッチンであれば油や食べカスなどでゴミが詰まりやすく、逆流して水が溢れてきます。床下が水漏れするケースは稀ですが、異臭や悪臭の原因にもなりますから、常に綺麗にしておきましょう。

■応急処置と業者どちらが良い?

床下の水漏れは軽度であれば応急処置で済みますが、経年劣化のように長年使用している場合は、業者に依頼したほうが賢明です。というのも、自身で直せる範囲は決まっているからです。排水管の水漏れの場合、破損やヒビなどが原因になっていることが多いので、応急処置ではどうにもできません。
業者が来るまで応急処置で状態の悪化を防ぐのは大切ですが、それ以上のことはきちんと業者に依頼しましょう。
床下の水漏れは、排水管なら極力水を使用しないことが応急処置になります。キッチンの場合は、テープやタオルを巻きつけるとどんどん水が広がっていく可能性があるのであまりおすすめしません。
蛇口や給水管の場合は、止水栓を閉めます。排水管の近くにあるので確認しておきましょう。

■水漏れを起こさないためには
普段の生活で水の使い方を意識するだけでも、床下などの水漏れ予防になります。経年劣化の場合は仕方がありませんが、新築なのにすぐに水漏れを起こしてしまった場合は、使い方に問題があるか、欠陥住宅の可能性があります。前者であれば使い方を改善するだけで水漏れは防げますが、後者の場合は不動産会社に問い合わせるしかありません。
キッチンなら、排水管に油や食べカスを流さないように三角コーナーやネットなどで工夫しましょう。定期的にクリーナーを使用するのもおすすめです。熱湯の使用は排水管にダメージを与えるの気をつけてください。トイレなら、月に一度タンク内を掃除したり、トイレットペーパーの使用を減らすなど工夫できます。
床下の水漏れは生活にも支障が出てしまいますから、早めに気づいて対処することが大切でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ