床下が濡れているのは排水管の水漏れかも

■まずは使用を中止すること

ある時水回りの床が濡れている、このようなトラブルが起きるかもしれません。いくつか原因が考えられますが、多いのは床下を走っている排水管の水漏れです。もし排水管の水漏れによって床が濡れているのであれば、水道の使用を中断しなければなりません。給水管のトラブルの場合、止水栓や元栓を閉めて水の流れをストップする必要があります。しかし排水管は水道さえ使用しなければ、漏水の症状はストップできます。特にトイレで発生している場合、汚水が漏れてしまいます。修繕できてもその後の掃除が大変です。使用の中止を徹底することです。そのうえで、漏れの発生している個所を確認しましょう。洗面所やキッチンの場合、シンク下のトラブルの可能性が高いです。場合によっては自分で直せるケースもあります。

■水漏れの原因を探る

排水管の水漏れの場合、パイプの接続部分のナットの緩みの可能性が高いです。もし緩んでいる個所を特定できれば、スパナなどで締め直すことです。そうすれば、問題解決できるでしょう。ただしそれ以外が原因の可能性もあります。例えば管が老朽化することで亀裂や穴が発生しているケースも見られます。この場合、管そのものを新しいものに交換しなければなりません。また排水管は床下など目に見えないところを走っていることも多いです。この場合、床をはがすなどして原因箇所を特定して修繕作業する必要があります。そうなると素人が対処するのは難しいです。水道業者に速やかに連絡して、専門家にチェックしてもらうことです。また場所の特定できない場合も、速やかに作業依頼したほうがいいです。

■防水テープを使って応急処置
排水管の水漏れで、これ以上床下の被害を拡大させないために防水テープを使った対策も一考です。ホームセンターや通販サイトで取り扱いがあるでしょう。これを漏れの発生箇所に巻き付けます。こうすれば、とりあえず症状を止められます。もしテープを使用するなら、貼付する部分のほこりや水気を取り除いておきます。テープの粘着力を失わせないようにするためです。また巻き付ける際には、テープを少し引っ張るような感じで巻き付けるのがおすすめです。こうすることで、より密着性を高められるからです。ただしこの対策はあくまでも応急処置にすぎません。そう長期間漏れを食い止められるアイテムではないですから、業者を呼んで本格的な修繕をお願いすべきです。また補修した箇所以外でも水漏れの発生している可能性も疑われますので、早い段階で修理をした方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ