シンク下の排水管の水漏れは見逃せない事態

■シンク下の排水管で水漏れすると起こること

キッチンや洗面所のシンクの下には床に向かって排水管が伸びています。もしもここから水漏れが起きてしまったら、中に入れてあるものが大きく濡れてしまいます。そのままにしておくと、カビや腐敗という被害が発生します。そうならないように水漏れを発見したら、すぐにバケツなどを水が漏れている場所の近くにおいて、水が広がらないようにすることが大切です。
また、排水管の傷などが原因で、水が逆流してくることもあります。この逆流がひどくなると、床まで濡れてしまうようになります。マンションの場合、床から下の階に漏れていないか確認をした方が良く、もしも階下に迷惑が掛かっていたら、丁寧にお詫びをしなければなりません。そして、分譲マンションであれば管理組合に、賃貸の場合は大家さんか不動産屋へ、すぐに知らるようにしましょう。

■シンク下の排水管の水漏れの原因は普段の生活にもある

日常生活でのささいなことが排水管の水漏れにつながる一つの原因となっているかもしれません。キッチンは、普段の食事の後片付けの際に油カスなどを流してしまったり、生ごみなどを流してしまうことが考えられます。そうなると、排水管が詰まってしまい水漏れにつながります。普段から、油の多い食器は拭いてから洗う、生ごみを流さないなどの対策が必要です。
洗面所は、髪の毛や歯磨き粉などが排水管を詰まらせてしまうことがあります。こうしたつまりから水漏れになるので、普段から排水口のお手入れをするようにして排水管の詰まりを防ぎましょう。

■結合部のゆるみや劣化も原因
シンク下の排水管の水漏れ原因として、排水管の結合部のゆるみも考えられます。地震などの外部からの衝撃で結合部が緩む場合もありますし、シンク下に物を入れたときの衝撃でナットの部分がゆるんでしまい、水漏れにつながるというケースもあります。地震のような自然災害は仕方ありませんが、物の入れすぎは注意すればよいことなので、余り物を入れすぎないようにしましょう。
また、シンク下の排水管の場合、何かの拍子で傷がついてしまったり、劣化して水漏れすることもあります。劣化の場合はパッキンの腐食が進んでしまっている可能性があるので要注意です。排水管が使える年数は20年程といわれています。古い住宅やマンションの場合は、水漏れなどが起こっていなくても劣化していないか水道業者に点検してもらうと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ