洗面所の排水管で水漏れが発生した場合の適切な対処法

■排水管が水トラブルに遭った場合

ひと口に洗面所の水漏れといっても場所はさまざまです。対処する前にまずは原因や場所をきちんと把握して理解しておく必要があります。
排水管はいわゆる排水トラップと呼ばれる場所で、特に多いのが下水管へ繋がる部分です。接続部は非常に水漏れが多く、破損や劣化だけでなく、接続が緩くなっていても漏れの原因になります。下水管から外れている場合は、悪臭が発生する恐れもあります。構造は単純ですが、排水管を持ち上げるときは十分注意して行ってください。ナットでしっかり固定することでピタッと漏水がおさまることもあります。
排水管に原因がある場合は、新しいものに交換することで漏水だけでなくニオイも抑えられます。排水管の場合、経年劣化も挙げられます。破損や劣化は自分で修理するよりもきちんと業者に診てもらったほうが安心です。

■他の箇所から水漏れした場合

排水管以外の場所から水漏れしている場合は、蛇口や排水パイプなどが主に挙げられます。
蛇口は蛇腹ホースが破損していることで起こりやすく、本体を交換する場合とホースを交換する場合の2つの方法があります。ホースはホームセンターで購入できますが、価格は1万円程度と決して安いものではありません。
業者に依頼するよりは安いので、自力で交換できる場合はチャレンジしてみても良いでしょう。
交換方法は、レンチとドライバーで行います。洗面所の止水栓を閉めたら、給水ホースの接続部を取り外します。このとき、お湯、水どちらも取り外します。蛇腹ホースはレバーと繋がっていますから、ナットを取り外して新しい部品と取り替えたら元に戻して完了です。止水栓は必ず最後に開いてください。自分で対処することで節約にもなるでしょう。

■破損や劣化の場合
排水管の水漏れは業者に依頼したほうが安全ですが、軽度であれば自分で修理できます。注意してほしいのは洗面所以外の箇所も確認することです。洗面所に洗濯機を設置している方が多いと思いますが、この場合、洗濯機から漏水しているケースも十分考えられます。特に洗濯機の下にパンが設置されていない家庭は、漏水しやすいのでそこもしっかり確認しておきましょう。
ナットを締める、交換するといった方法も、下手をすれば故障の原因になりますので、不安な方は補修テープを使用することもできます。自己融着テープや水漏れテープなどいろいろなタイプがありますので、目的に応じたものを選んで、応急処置として使ってみてください。漏水している個所をタオルで拭き取り、しっかりテープで補整すればしばらくは漏れを防げるでしょう。自己融着テープはベタつきもないので、本体が汚れる心配もありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ