洗面所で起きる排水管の水漏れ

■目につきにくい洗面所のトラブル

洗面所は、家庭内にある水回りの設備の中でも使用頻度はそこまで高くありません。使っている時間も決して長いとは言えない場所です。排水管から水漏れしたときにも、どうしても発見が遅れやすくなります。
洗面所の排水管で水漏れを起こすケースとして、トラップ付近があげられます。S字型の配管がつなげられていることがほとんどですが、内部に水を貯めこみ下水から上がってくる臭いや害虫などをふたしている場所です。大事な機能を持っている部分ですが、パッキンを使い接続部品で構成されているため、水漏れしてしまう可能性がある場所です。しっかりと固定されておらず、緩みが出てきているときも水漏れするため、しっかりと締め付けておかなければいけません。

■S字トラップからの水漏れ

S字トラップは、構造的に言えば単純です。S字型にすることで、水をすべて流れないようにして貯めこむことができる構造で、配管同士のつなぎ目にはパッキンを挟み固定します。ナットで固定するのが一般的な構造ですが、洗面所の下部は物入れになっている場合が多いでしょう。物入れとして多くの荷物を無理に詰め込んだ結果、下から押し上げてしまってずれて水漏れするようなケースもある場所です。構造が単純なだけに、想定していない方向から力がかかると、トラブルを発生させる場合が出てきます。
この構造が発見の手掛かりになる場合もあります。パッキンは防臭タイプが使われますが、ずれてしまうことで異臭が漂ってくるからです。正常に機能しなくなった状態のため、異変を感じたときには、すぐにでも修理を検討するべきです。

■ボウルと排水管の取り合い部分
水漏れが起きる場所としてはもうひとつあります。洗面所にはボウルが取り付けられており、そこから排水管が伸びているのが構造の特徴です。S字トラップの上部にあたりますが、このボウルと排水管の取り合い部分も水漏れの原因となります。S字トラップに向かって水が流れた跡がある場合には、この部分に問題がある可能性が高いため、一旦ボウルに水を貯めてみると原因が見えてくるでしょう。特定しにくい部分ではありますが、S字トラップから漏れてきているときでも判別ができます。
洗面所の修理は難しいわけではありません。排水管自体を交換することも工具があればできますし、S字トラップもホームセンターで見つけることができます。交換するときには止水栓を閉め、内部に水が溜まっているため、うけられる状況を作り外すのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ