洗面所で発生する水漏れの多くは排水管が原因

■水漏れの修繕は自分で行うことも可能

洗面所で水漏れが起こった場合には、排水管やパッキンの劣化、ナットの締め付けの甘さなどが原因であることが多いです。しかし、洗面所は比較的自分で修繕しやすい場所です。なぜなら排水管が表に出ていることも多いですし、収納が付いている場合には、扉を開ければしっかりと排水管が見えるからです。工具さえきちんと揃えておけば、自身での改善も不可能ではありません。
重要なのは、水漏れの原因である発生箇所を早急に見つけることです。見つけた後は水漏れをおさえるための必要な物を購入するだけで修理できますが、最初に必ず行わなくてはいけないことがあります。それは止水栓を止めるという作業です。これを忘れてしまうと大変なことになるので、きちんと覚えておきましょう。

■ナットを締めるだけで直るケースも

洗面所に繋がっている排水管は、ナットで繋がっている箇所が多いのが特徴です。S字になっている部分も多く、どうしても複数のパイプを繋ぐ必要があるからです。しばらく使用していると、このナットが自然に緩くなってしまうしまうでしょう。時間の経過だけではなく、地震で大きく揺れて緩む場合もあります。近くで工事を行っている揺れで緩む可能性も考えられます。このような場合には、普通にナットを締めつけるだけで改善できるでしょう。ただし、ナットが緩んだことで中に入っているパッキンがずれてしまう事例もあるので、ナットを締めつけても改善されない場合には、中のパッキンを確認してみましょう。異常がなければきちんとはめ込んで、再びナットを締めれば水漏れは改善されます。

■最近増えている水のトラブル
最近の洗面所は、ハンドシャワーが取り付けられている場合もあります。ハンドシャワーが取り付けられているので、この部分から水漏れを起こす可能性もあるでしょう。当然ハンドシャワーにはホースが存在しているので、ホースの劣化や蛇口との繋ぎ目部分の締め付けが甘いときなどに水漏れしてしまうと言えるでしょう。排水管が原因である可能性は比較的少なくなっています。蛇口との繋ぎめから水が漏れているのであれば、まずナットの緩みを確認してみます。緩んでいなければナットを外してパッキンを確認しましょう。パッキンの劣化がみられるのであれば、使用されている物と同じ種類のパッキンを買ってきましょう。ホースから水が漏れているのであれば、ホースその物を交換するのがよい方法です。古い物を取り外して、新品の物を取り付けておけば改善できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ