お風呂の排水管の水漏れには要注意

■お風呂の排水管からの水漏れの症状とは

お風呂の排水管からの水漏れは、とても気が付きにくいものです。お風呂の排水管は室内から確認できる場所がないので、少量の水漏れなど軽症のうちはその劣化に気が付きにくく、外部に症状が出た時にはすでに問題が重症化していることも少なくありません。お風呂の排水管からの水漏れの症状の一つとして見受けられるのが、家の外に水たまりが出来ていたり、常に湿っている場所ができたときです。他にも、土台の周辺にカビが生えていたり、濡れた跡があったら注意したほうが良いでしょう。これはお風呂の排水管が劣化したり傷ついたりして水が漏れてしまっていることで、正しく排水されず土台部分に水がたまっていることから起こるものです。放置しているとカビが繁殖したり、柱が腐ってしまって家自体の構造にトラブルを起こす危険があります。

■お風呂の水漏れは点検と予防が大切

お風呂は毎日使うもので、家庭の中でも水の使用量が多い箇所です。そのため排水管からの水漏れも被害が大きくなりやすいです。最近の戸建て住宅では点検や修理のために、家の土台に入り込めるように地下収納スペースが完備されていますが、素人がそこから家の土台に入ってチェックするのは非常に難しいものです。しかし、地下収納スペースを開けたときに、カビくさかったり、収納していたものが湿っていたり、濡れていた時には室内からでも良いので、懐中電灯などで照らして土台部分に水が溜まっていたりしないかチェックしたほうが良いでしょう。
点検も必要ですが、水漏れを引き起こす原因をなるべく作らないことも大切です。お風呂の場合は排水管が詰まらないように髪の毛やゴミなどを極力流さないようにします。また、定期的に管内を洗浄するといった作業も詰まり予防には効果的です。

■排水管の水漏れは注意が必要
排水管からの水漏れは、蛇口などのトラブルよりも注意が必要です。まず排水量の多い箇所の場合、漏れている水の量も多いので二次トラブルになりやすいということもあります。特にお風呂の排水管の場合、湯船のお湯を排水するだけでも、大きな水たまりが出来てしまいます。これが毎日繰り返されると、見えない部分で洪水が発生してカビや木を腐らせる原因になります。排水管からの水漏れの場合、使用中には違和感を感じることはほとんどありません。日常生活に支障を起こさない分、気が付きにくいというリスクがあります。早めの修理ができるように、日頃から定期的に家の周りの水漏れをチェックしたり、地下収納を開けてみることがおすすめです。少しでも違和感があったら専門業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ