風呂の排水管の水漏れを見逃さない

■見つけにくい排水管の水漏れ

排水管の水漏れの中でも、風呂の水漏れはかなりの被害を出してしまう場所です。浴槽には非常時に使える水を溜めこめるほどの容積があり、洗い場で使う水量もかなりのものになるでしょう。風呂の排水管は、目につかない場所に設置されているため、実際に水漏れしている場所を見つけるのは困難です。
排水管は床下を含めて見つけ出しにくいところにあるため、定期的な点検も必要です。もしも、水漏れしていても気づかずにそのままになっていたら、深刻な事態につながります。異変が起きたときに備えて、メンテナンスや修理を依頼できる業者を見つけ出しておくのが大切です。

■建物にダメージを与え健康被害も生まれる

床下に配置されるのが基本である風呂の排水管は、漏れてきたとしてもわかりにくい場所です。水が大量に漏れ流れだしたときには床下にあふれ出ます。水が浸透しやすい地面でも、湿度は常に上昇する状況ができあがります。建物の基礎が木造だった場合、高い湿度が続けば、害虫などがわきだしやすい環境となってしまいます。構造的にダメージを与え、シロアリなどが発生すれば、取り返しのつかない状況にもなるでしょう。
害虫などの被害は出なかったとしても、湿度が高まれば、カビの発生を助長します。カビの胞子は目に見えない大きさであり、拡散してもわかりません。床下で大量に繁殖したのちにカビに気がついたとしても、除去できないほどになっている可能性も出てきます。そうなる前に発見する必要がありますし、水漏れも修理しておかなければいけません。

■音などの変化を見逃さない
風呂の排水の水漏れは、配管の場所がわかっていても、簡単に発見できる場所ではありません。床下を定期的にのぞく人はわずかですし、簡単に入れない場所です。
発見する方法の一つとして、音があります。排水管から漏れていくと、その分の空気も入るため、聞き慣れないような音を感じる場合があります。そのときには点検が必要です。床下に流れるときにも音が出るため、注意して聞いているとわかるケースも少なくありません。
もちろん外部に流れ出しているのを発見したときは、すぐに原因を追究しなければいけません。少しでも異変があると感じたときには、業者に見てもらう方法が確実な選択といえます。点検無料の業者であれば、相談してみるだけも早期発見につながる可能性が高いです。放置しておけば、大きな問題へと発展するリスクがあるため、後手に回らないのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ