排水管の水漏れを防ぐ定期的な清掃

■排水管が詰まると水漏れリスクが高まる

排水管のトラブルの中でも多いのは、水漏れです。水漏れの原因は接続部の緩みなどいろいろな要因が考えられます。その中でも排水管の詰まりが引き起こす水漏れもあります。
管内に異物が引っかかると、水の流れは悪くなります。多少の詰まりなら水の流れが悪くなる程度ですが、積もり積もって一定の許容量を超えてしまうと水漏れを起こしてしまいます。排水管の劣化を早めたり、水が行き場を失って逆流し、接続部分から漏れ出すためです。
詰まりはどの水回りでも起こりえます。風呂場や洗面所の場合、抜けた髪の毛や石鹸カスが原因になります。キッチンでは食べ物カスや油、指輪を落として流してしまうこともあります。ですから清掃して、水漏れのトラブルを解消することは排水管を長持ちさせるためにも必要なことです。

■詰まりを放置しておくと状況は悪化する

排水管の詰まりを放置していても、自然に解消することはまずないです。むしろ状況が悪化して、水漏れ以外にも様々なトラブルを引き起こしかねません。詰まりが起きると水が流れにくくなります。このため、水が排水管の中で長期間とどまります。汚水を流す場所ですから、悪臭が発生しやすくなります。場合によっては臭いが部屋中に回って、快適な暮らしに支障をきたす恐れも出てきます。
また排水管は温度と湿度が一定に保たれるように作られています。そこに異物が付着すると、それを養分としてハエやゴキブリが発生しやすくなるといわれています。害虫が大量に発生すると衛生環境も悪化しますし、病気のリスクも高まります。このように水漏れ以外にも様々な悪影響を及ぼしかねません。詰まっていると感じたら、速やかに清掃するのがおすすめです。

■排水管の清掃方法とは
排水管の流れが悪い、床から水がしみ出しているようであれば、詰まりが原因の水漏れを疑いましょう。その場合の清掃は、重曹を用意します。もしくはドラッグストアやスーパーでパイプクリーナーが販売されているので、こちらを使用するのも一つの方法です。
これらを使用する時注意すべきなのは、一気に大量の重曹や洗浄剤を入れないことです。過度に入れると、薬剤がこびりついてしまう恐れが出てくるからです。そこに石鹸カスが付着して、異物が大きくなってまた詰まりの原因となります。ゆっくり少しずつ入れていって、少し熱めのぬるま湯で流すように心がけましょう。
もし症状が改善しなければ、業者に連絡します。業者であれば高圧洗浄など、よりしっかりと異物を取り除くような清掃が可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ