排水管の水漏れのために行う清掃の方法

■キッチンで行いたい清掃の方法

排水管はキッチンやトイレ、浴室にて水漏れのトラブルを多く起こします。そのため日常的に清掃を行い、詰まりによって水が漏れないようにすることが大切です。キッチンに関しては、汚れが付きやすい排水トラップやごみ受けかごを定期的にきれいにすることがまず必要です。洗剤や漂白剤を使用して、悪臭や汚れの除去を忘れないようにしましょう。
排水が流れるパイプ部分は小さい食品のかすなどが流れることがあり、徐々に表面に付着して詰まってしまうことがあります。そのため排水の流れ道が塞がれ、水漏れが起こります。そのためお湯を流したり、自宅にある重曹とお酢を使ってパイプの洗浄を行ってパイプの洗浄を行うことが大切です。またパイプクリーナーを使えばもっと強力に洗浄ができます。
キッチンのシンク下は普段意識しないと開けることをしません。そうすると排水管から水が漏れることに気付かなものです。そのため定期的にシンク下を点検するようにしてください。

■浴室やトイレで行いたい清掃の方法

浴室と浴槽には排水口がそれぞれあり、排水管を通して排水が流れます。管の内部に髪の毛や汚れが付着するようになると、詰まって水が漏れることがあります。そのため専用のクリーナーで洗浄を定期的に行って管の表面をきれいにするようにしてください。
トイレの場合、トイレが詰まることで水が漏れることがあります。そのため日常的に詰まりを予防するために排水管の洗浄をするようにしてください。まずラバーカップを使用した方法ですが、ラバーカップを便器内に突っ込み、ゆっくりと押します。そしてあまり力を入れないようにして引き抜きます。
ラバーカップを使用しない方法では、専用のクリーナーを使う方法が簡単です。また便器を使用する際に、大量のトイレットペーパーやトイレに流せるお掃除シートを便器に流すと水が詰まりやすくなります。ペーパー類を一度に流さないことも合わせて行ってください。

■症状が改善されない場合には
浴室やトイレ、キッチンの排水管の水漏れが掃除によっても改善されない場合もあります。定期的に掃除をしたりしても症状が起こる場合もあります。その場合には自分で何とか対処しようとせず、水道修理の業者にできるだけ早く連絡をすることが大切です。
水道修理の業者は排水管の洗浄等を行い、水漏れが起こらないようにしてくれます。自分で対処しようとしたり、そのまま放置していると症状の悪化につながります。
排水管の水漏れは徐々におこることが多いため、シンク下などを定期的にチェックをし、水が漏れていないかどうか確認することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ