排水管の水漏れの原因と対処の必要性

■排水管から水漏れが起きた時の対処

水漏れというと水道管からのものばかりを思い浮かべがちですが、排水管からも起きる可能性はもちろんあります。排水管は壁や床下に埋め込まれていることもあるため、トラブルが起きても気づきにくく、気づいた時には深刻な状況になってしまう場合も少なくありません。使った後の水が流れる管ですから、水漏れが起きた時には臭いなども問題になりますし、そのせいで壁や床の腐食が始まってしまうケースもあるため、早めの対処が必要となってきます。
そして対処を考える際には、修理をするだけでなくなぜ水漏れ等が起きたのかという原因も同時に調査し、その上で適切な対処をしなくてはなりません。専門的な知識や技術が必要となるため、修理をする時には専門の業者に依頼をして、しっかりと状態の検査をしてもらうようにすると良いでしょう。

■排水管のトラブルを回避するために

水漏れ等が起きてしまう原因としては、流してはいけない物を流してしまったという例が多くあります。特にトイレの場合、トイレットペーパーであっても一度に大量に流してしまうことで詰まってしまい、それが故障の原因となってしまう場合も多いため、注意をする必要があります。トイレに限らず子供のいるご家庭は、子供用のおもちゃを流してしまった結果、詰まって破損してしまうケースも考えられるので注意しましょう。
また経年劣化などによっても破損が起きてしまう可能性があり、定期的なメンテナンスをしっかりと行っていかなくてはなりません。小まめにメンテナンスの依頼ををしておくとトラブルを未然に回避することもできますし、部品の交換が必要な場合は早い段階で交換できて、出費を抑えられることにも繋がります。水漏れなど致命的な問題が起きる前にしっかりとトラブルを防ぐためには、流してはいけない物を流さない、専門の業者にメンテナンスを依頼するという点が重要になります。

■専門の業者をどうやって選ぶといいのか
メンテナンスや修理の依頼をする専門業者を選ぶ時には、一度依頼をすれば定期的にメンテナンスを行ってくれるかどうか、アフターフォローはどうなっているのかを確認して選ぶようにすると良いでしょう。依頼をした時だけでなく、一度の依頼でその後も定期的に行ってくれるならば、依頼のし忘れで問題が発生する例も防げます。
さらにアフターフォローがしっかりしていれば、修理をしてからまた問題が起きてしまった場合も安心できるので、これらのポイントを確認して、両方を満たしている専門業者を選ぶことが大切です。
また工事がどこまで対応しているのかの確認も重要で、上下水道だけでなく給湯器やポンプといったものまで対応しているかどうか、修理以外にも交換まで対応しているかどうかなど、対応している工事の幅広さも確認しておくと、何度も依頼する専門業者を探す手間が省けて便利です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ