排水管の水漏れ防止のための対策

■キッチンの排水管の対策

キッチンには調理をする際の排水がパイプを流れますが、シンク下を見るとそのパイプ部分が見えます。パイプである排水管は水漏れを起こす場合があります。事前に対策を講じることができますし、症状が起こった際の対策もあります。
排水がうまく流れず詰まることで排水の逃げ道がなく、水が漏れることがあります。この場合には40~50℃程度のお湯を流す、重曹とお酢をパイプに振り掛けてからお湯を流すことで症状が改善される場合があります。またそれでも改善されない場合には、市販のパイプクリーナーで洗浄を行う方法も可能です。
パイプの接続部分にあるナットが緩むことで水が漏れることがあります。その場合にはナットを自宅にある工具で締め直すことで症状の改善ができる場合もあります。またパイプの破損によって水が漏れるような場合には、応急処置的に補修用テープやパテで破損個所を塞ぐことができます。ただその後には速やかに水道修理の業者に連絡しなければなりません。

■トイレの排水管の対策

トイレの便器につながっているパイプから水漏れが起こっている場合、破損が多く考えられます。この場合にはまず濡れている個所を洗剤を使用して拭き取り清潔にします。また濡れていた個所に雑巾を敷いておきます。
次にパイプをしっかりと拭き取り、パテや補修用テープで穴を塞ぎます。またパイプを雑巾で巻いておけば、簡単に応急処置ができます。ただいずれの方法でも、症状の改善を図れません。速やかに水道修理の業者に連絡をして、修理の依頼をしなければなりません。特にトイレは臭いがこもりやすい場所のため、水漏れが起こると悪臭がします。早急の業者への連絡が必要です。
トイレの構造によっては、トイレの下の部分にパイプがあり、目に見えない場合もあります。この場合には個人で対策ができないため、速やかに業者に連絡をしてください。

■浴室の排水管の対策
浴室のパイプ部分には髪が流れやすいため、パイプが詰まってしまうことがあります。それによって水漏れが起こる場合もあります。この場合には単にお湯を流すだけでは改善が難しいものです。
浴室のパイプについては、まずワイヤーブラシでパイプに絡みついた髪の毛を取り出す作業を行います。これで水漏れが改善されない場合、専用のクリーナーで掃除を行います。ただすべてのケースで改善されないこともあります。その場合には早めに水道修理の業者に連絡をします。
浴室のパイプの水漏れについて、自分で対処できない時にはそれ以上作業を行わないようにしてください。より症状が悪化する場合もあるからです。業者が対応することで、スムーズにお湯が流れるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ