排水管が詰まり水漏れを起こさないように

日常生活の中で、水道が使えない状況があれば、すぐに水道 修理を考えるはずです。ところが、排水管は異物が詰まり、水漏れでも起こらない限り、そこまで気にしない場所になってしまいます。常に対策をすることで、問題も大きく広げないで済むようになるでしょう。被害の内容からしても、排水管は水道とは違った被害内容を引き起こすからです。

■排水管に流れない異物が詰まる

排水管が詰まり水があふれる原因は、異物が大半を占めます。排水管の径よりも大きなものが落ちると、必然的に流れを塞いでしまうでしょう。これが原因となり、水漏れを起こしたりします。
単純なことですが、異物を流さないことが一番です。異物を落とすだけでも、問題は大きくなっていってしまいます。排水管の場合には、圧力をかけて押し流すことができません。自然の流れだけになるため、絶対に流さないようにしましょう。

■物理的に除去するしかない

流れないほどの異物を落としてしまったときには、物理的に取り除くしか方法がありません。取り除く方法もいろいろとあるわけではなく、直接手が届けばそのまま取るのが一番です。もしも、手を入れることができない場合には、素人では簡単にできない領域になるため、専門業者に工事を依頼するでしょう。
専門業者では排水管の中に何が詰まっているのかカメラを入れて確認し、詰まっている異物の種類や形状によって適切な方法で除去してくれます。また、最悪の場合は
排管を外して詰まっている除去するといった方法も必要です。

■まとめ
排水管にものを詰まらせること自体がやってはいけないことです。間違っても排管内に異物が入らないように、ネットをはじめ、対策をしておくことも必要になるでしょう。同様に被害が起きやすい場所がトイレです。異物が落ちやすい環境になるため、一切持ち込まないといったルールを決めておくことが必要でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ